∞purely clover∞

KinKi Kids(堂本光一)、関ジャニ∞(大倉忠義)大好きなかおりんのブログです。
コンサート歴(レポ)は自己紹介へどうぞ。
感想などのコメントも大歓迎です♪
こんな私でよければ、たくさん絡んでください(^▽^)
<< 緊急コンin大分19日レポ(MC中心) | main | JコンDVDゲット! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Best Performance And Music
JUGEMテーマ:KinKi Kids




久しぶりにネタバレレポをUPしたいと思います。
堂本光一ソロコンサート初日です♪





KOICHI DOMOTO CONCERT TOUR 2009
Best Performance And Music
マリンメッセ福岡
2009.8.15 18:30〜






【セットリスト】
★妖〜あやかし〜
★Deep in your heart
★-so young blues-

★Awaken yourself
★Falling
★Peaceful World
★+MILLION but -LOVE

★MY WISH
★僕は思う

★No more

★Temperamental Fool
★Addicted
★VirtuaI Reality
★愛の十字架
★月夜ノ物語
★下弦ノ月

★Spica

アンコール
★妖〜あやかし〜

Wアンコール



まず、客電が消えないまま音が鳴り出しビックリ!
暗転になると、今回のペンライトが青だから、会場が青く綺麗で。
ステージ上には、MAD・MA・ダンサーが出てきて、
光ちゃんがセンターから登場。
★妖〜あやかし〜
オープニングはやっぱり最新シングルからね。
★Deep in your heart
Deepは炎がすごかった!
★-so young blues-
ソーヤンで、サイドの花道まで来てくれてました。
いきなり最初の3曲が堂本光一的な代表作が続いた感じで。
光ちゃんのステージだぁーって感じでした。
光ちゃんがグッズのイヤホンアクセサリーを付けてたんだけど、
なんかピアスかイヤリングしてるのかと思った。
踊るには邪魔だろうなと思ったけど、可愛かったな。

<MC1>
「こんばんわー!堂本光一です!」
男の人から「こうちゃーん」と叫ばれ、なぜか相撲ポーズ(笑)
そして、なぜか四股踏む光ちゃんに、みんなで「よいしょー」の掛け声(笑)
そのあと、小さい子の声も聞こえて
「お、なんや?」
って言ってると、違う人が答えだして。
「おまえとちゃうわ!」
「水を飲みますので、拍手と歓声で繋いでてください」
水を飲んでると「かわいいー」っていう声が聞こえて
「水飲んでるだけでかわいいって言われるなんて、俺もまだ捨てたもんじゃないな」
また飲んでる時に「かわいいー」って言われ、
「うっさいボケ!」
それに対して、キャーの声。
「いや(笑)キャーちゃうで?」
「前もそうだったんですけど、なんなんですか、この皆さんと僕の関係(笑)」
「ま、いいですよね、皆さんと僕だけの関係ってことで」

「前回が・・・何年前ですか?」
客「3年前!」
「はい、みなさんの方が詳しいです」
「前回、この会場の公演が中止になりまして。来てくださってた方もいると思うんですけど」
「振替公演もしたんですけど、仕事の都合とかで来れなかった人とかもいたみたいで」
「前回、来たよーっていう人?」
客「はーい」
「振替公演には来れなかったっていう人?」
客「はーい」
「あー。って、特になにもないんですけど(笑)」
「昨日も雨降ってましたね。今日も中止になるかと思いましたけど」
「今もちょっと降ってますよね?」
「前回、福岡が中止になったんで、今回のツアーは福岡から始めようってことで」

「前回はアルバムを出してのツアーだったんですけど、今回はアルバムもなく」
「シングルだけなので、曲はこれで終わりになります(笑)」
「あとの3時間弱は僕のMCで(笑)」
客「いえーい!」
「いや、いえーい!ちゃうで!えーって言わな」
客「えー」
「言ったとおり言っていただいてありがとうございます(笑)」

「今回のツアーがこれからの僕のきっかけになりますので」
「まぁ、僕の話なんて冗談8割なんでね。そのつもりで聞いていただいて(笑)」
「剛君は9割が冗談ですからね(笑)」

「みなさん、お好きな時に座って見てくださいね」
「僕の曲は盛り上がれる曲とかないので」
客「えー」
「ないでしょ?僕が作るのなんて暗いんですから」
「嵐みたいなのないでしょ?」
「♪はじけろイエーイ!ときにはパーンチ」
「あ、後半ミニスカポリスになった(笑)」

「今回も、横のお客さんには眩しい演出とかたくさんありますので」
「っていうかね、いつも思うねんけど、そこってお客さん入れるとこちゃうねん」
「横から、見えたらあかんもんまで見えんねん」
「ま、それも貴重だと思ってください」

「今回、MADとMAの米花と町田が付いてくれてるんですが」
「これからする曲は、その誰かに突然ふって歌わせます!」
「僕はそれを後ろから見てますので」

★Awaken yourself
手のフリが簡単だったからちょっとマネしてました。
そして、今回ふられたのは松崎!
スタンドマイクで歌うけど、最後ちょっと失敗して「あー!」
でも、そのままステージアウト(笑)
★Falling
着替えて、出てきた服がシルバーの宇宙のような衣装。
そして、でっかいサングラス!
出てきた時のどよめきがすごかった。
ダンスもロボットのような、宇宙人のような動きで。
最後に光ちゃんの手の先から光がのぼって。
★Peaceful World
スクリーンに地球があって。
光ちゃんはセンターで。
★+MILLION but -LOVE
最初にバンドメンバー紹介!
するけど、上がってこないといけないステージが上がって来ず。
「あら?こない?下にいます!下で弾いて!」
とか言ってて、途中で上がってきて。
「あー来た来た!」
そして、MADとMAを紹介して、ステージを任せて光ちゃんは戻り。
最初はMA達で歌う。
それから光ちゃんがスタンドマイク持って出てきて、歌う。

<MC2>
スタンドマイクを持って、ステージ上段にあがり。
「えートラブルが発生しましたので、僕のコントで繋ぎたいと思います」
スタンドマイクでコント。
「コントその1、スタンドマイク低いやんけ!」
いえーい!と出てきて、低いスタンドマイクでがに股で歌いだすというだけのコント(笑)
そこで、町田さんがギターを持ってくる。
ヨネと町田さんが光ちゃんのサイドで見守る。
で、客席に。
「あ、本当に時間かかると思うんで、座ってていいですよ!」
「今、どういう状況か説明しますと」
「ここが空いてるんですね」
「ドラムが上がってきてないといけないんですが、上がってこないんです」
「ドラムがずっとあると、踊りに使いたい時にステージが使えないということで」
「その時はドラムは下に下りて、横に移動してるんです」
「で、そこで演奏してもらってるわけなんです」
「なので、今、ここに居ます!」
今、抜けた状態になっているステージの横あたりをトントンする光ちゃん。
後ろから覗いてみたりして。
「今、総勢3000人で復旧作業をしておりますが(笑)」
「さぁ、どうしましょう?」
「こういうハプニングって大好き!」
すごく楽しそうにはしゃぐ光ちゃん。
「あ、きたきた!」
ステージが上がってきて、客席からも「おー」という声。
「ほら!」
って言いながら、ステージのあがってきた部分を歩く光ちゃん。
会場「おー!」
「でも、本当はここにドラムがいないといけないんです」
ということで、もうちょっと待つことに。
「では、コントその2、スタンドマイクが高いやんけ!」
さっきと同じで、マイクが高くて、背伸びして苦しそうに歌う(笑)
「僕、これくらいしか出来ないですよ(汗)」
「こういうトラブルは機械なんで仕方ない!」
「来ましたー!」
ドラムが上がってきて、会場全体で拍手!
ドラムの人もきましたー!という感じでペコペコ。
「コントその3、スタンドマイクが逆やんけ!」
今度は客席側に向いたスタンドマイクにお客さんにお尻を向けて歌う光ちゃん。
トラブってる間、すごいスタッフさん達の声が聞こえて。
本当にトラブってるっていう感じがすごかった。

「次の曲は、前回ラストで歌ったりしまして」
「僕は歌いたくなかったんですけど」
「やれということだったので、イヤイヤ歌います」
客「えー」
「なんだと思いますか?」
客「MY WISH!」

★MY WISH
光ちゃんはギター持って。
スクリーンの歌詞がちょっと前後してた。
やっぱり初日だからか、色々と慌ててる感があったな。
★僕は思う
そのまま始まり、イントロで歓声が。
「自信を持って歌います!僕は思う!」
不覚にも泣きそうでした・・・。
きっと、あの頃が蘇ったからかな。

<MC3>
「次の曲は、ここで衣装を貰うんですが」
「ない!」
「おーい」
ステージ前にしゃがむ光ちゃん。
「この体制、う○こスタイルやな(笑)」
「あーきたきた!」
貰った衣装が、Gyo!と書いた上着。
「これを着て、次はなんでしょう?」
「これ着て、“硝子の少年”とか(笑)」
「次の曲も、ちょっと準備がいりますので、ちょっと待っててください」
一旦引っ込み、
「できたかな?できたみたいです!」

★No more
MADとMAとダンサーさんが頭に魚の被り物をして踊る。
米寿司だぁ。

<MC4>
光ちゃんが「整列!」というと、お魚さんが全員整列して。
スクリーンの光ちゃんの後ろに町田さんが映ってて、それが笑えて(笑)
光ちゃんは何で客席が笑ってるのか分からず、
「なんやねん!後ろで誰かなにかしてるんか?」
ってキョロキョロしてた。
「魚なんで、喋れないんです」
といって、みんなに質問していくと、
「ギョ!」と一言答えてはけていくお魚さんたち。
「“ギョ!”って言ったらハケてこいってサンチェに言われてるんか?(笑)」
魚「ギョ!」
「ガチャピンですか?」
米花魚「(首をブンブン振る)」
「まだ何も言ってなかった時から振ってたよね?(笑)」
「町田さんですよね?なんか滝登りでもして鍛えられた魚ですか?」
町田魚「ギョ!」
町田さん、めっちゃ黒いし、筋肉すごくて。
どこに行ってたの?っていう感じでした。

「さっきさ、なんかどよめいてたよね?」
「なに?あのでかいサングラスか!」
客「(爆笑!)」
「ダメぇ?」
「あれ、ムカツクでしょ(笑)」
「ダンスも、ムカツクでしょ?(笑)」
「曲もピッポパ♪ってムカつくでしょ!(笑)」
「だから、とことんムカツク感じにしてやろうぜってことでね」

「初日なんでね、僕も時間配分ができてなくて」
「でも大丈夫です!なにがあっても」
「たとえ、もし裏に行って衣装が無くても・・・裸で出ますから」

★Temperamental Fool
前と同じような演出で。
映像で踊ってる人たちが、出てくると本物でっていう。
これを見て、テンパラだって分かっちゃった。
でも、この演出好き。
横から見たら見えてしまうっていうのは、これもかな。
これは確かに正面から見るのが面白い。
★Addicted
そのまま、映像も使って。
この曲めっちゃ好きだから嬉しかった!
★VirtuaI Reality
イントロで、わー!って喜んじゃいました。
これ、すごく好きだったけど、DVDにならなかったんだよね。
Gコンだったかなぁ。
間奏のダンスが好き過ぎる。
★愛の十字架
光ちゃんが、ちょっと大きめのゴンドラのようなものに乗って、アリーナ上空を飛んでた。
真ん中をまっすぐ後ろまで。
ステージまで戻ったとき、すごい高いとこにいた。
★月夜ノ物語
なんかすごく久しぶりに見た感じ。
最初、タイトルが思い出せなかったくらいだから。
でも、やっぱり光ちゃんの和の妖艶な感じはさすが!
★下弦の月
この流れならくる!と思ったら、やっぱりきました!
なんでこんなに綺麗に魅せられるのか。

<MC5>
「今日はありがとうございました」
「初日ということで、トラブルもあったりしましたが」
「みなさんの協力で助かりました」

「最後の曲は、スタッフがこれがいいと言いまして」
「僕はこれにするの?っていう感じだったんですけど」
「皆さんにも喜んでもらえるんじゃないかということで、これにしました」
「何だと思いますか?」
「聞いてください、Spica」

★Spica
1番は普通にステージセンターが上がって歌い、2番はアップテンポ。
お客さんも手拍子。
最後に銀テープが降り、
「ありがとう!」
って帰っていきました。
でも、この時で8時35分くらい。
えーまだ2時間だよー!って思って、アンコール!

アンコール
★妖〜あやかし〜
曲がかかりだして、出てきた光ちゃんとMAとMADがステージを走りまわって。
花道とか行って、すれ違う時に叩きあったりしてた。
曲が終わると、普通にバイバーイ!と言って、あっさりと手を振って戻ってしまって。
これでも、まだ8時50分くらい。
いやいや、まだ2時間半もやってないよ!って友達と言いながらアンコール!

Wアンコール
光ちゃん出てきてくれて、挨拶。
「さっきも言いましたが、このコンサートが何かのきっかけになるかも」
客席がザワザワしてると、
「思い出してください、冗談8割なんで(笑)」
「でも、僕にとってきっかけにね」
「KinKi Kidsが3人になるかも!」
「センター、パン!とか(笑)」

「いやーこれで、パンのエサ代になります」
「ほんっとうに可愛いねんって!」
「犬飼ってる方いらっしゃいますか?」
客「はーい」
「申し訳ありませんが、みなさんの犬より、絶対に可愛いですから!」
「今日は連れてきてないんでね」
「あー、早く会いたい!!」
「パンね、めっちゃ可愛くて」
「もうふやけるわ!っていうくらい舐めるんですよ」
「今日は、母ちゃんとお姉ちゃんに預けてきたんですけど」
「母ちゃんもヨークシャテリアを飼いまして」
「母ちゃんが買いたいっていうから、ついていって、じゃあ俺もパン〜!って買って」
「その時はまだパンではなかったんですけど(笑)」
「その母ちゃんの犬より、ぜっんぜんパンが可愛い!」
「今、母ちゃんも近くにいるんで、よく家にいてみてくれてるんですけど」
「母ちゃんが帰ると、ドアの方を向いてピーピー鳴くんですよ」
「・・・俺じゃダメなのか!?ってショックで」
「ヤバイな」
「結婚とか出来んわ」

「最後に一言いわせてください」
「パンは世界イチ可愛い!」
それでハケようとする光ちゃんに、お客さんブーイング!(笑)

「あかんわぁ、最後やのに(笑)」
「ちゃんとせんと、パンのエサ代、稼がんと!」
「そういえば、30歳になって初めてのソロコンだったんですね」
「でも、心は十代!」
「いや、本当に歳をとっても、衰えるどころか、体は元気なんでね」
「本当に、近いうちにまたみなさんと盛り上がれたらなと思ってますので」
「まぁ、前回もまた近いうちにやれたらとか言いながら、3年経ってますので」
「次は33歳の僕で!(笑)」
「あー曲作らないとー」
「本当に、もうソロコンいいわーとか言わずに、やろうと思いますので!」
「またその時は遊びにきてください」
「ありがとうございました」


ということで、9時頃に終了。
最後の最後がパンちゃんの話で終わるとは(笑)
もうちょっとあるかなぁと思ってたから、ちょっと短いなぁと思ったけど。
機材トラブルとかあったから、そのせいかな?
ちゃんとしたMCもなかったしね。
座るタイミングがなく、ずっと立ちっぱなしは疲れました。
私はスタンドだったから、ちょいちょいイスにもたれて腰掛けてはいたけど。
でも、やっぱり光ちゃんのステージは王子でした!
かっこよかった。
ありがとうございました。



- | 22:47 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 22:47 | - | -










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS